ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2009.01.10 Saturday

「むこうのさくら」第四弾開催のお知らせ

アーティスト磯崎道佳さんがメッセンジャーとなり、北海道士幌町佐倉地区と千葉県佐倉市をアートで繋ぐプロジェクトの第四弾を開催します。

2009年度に予定していたプログラムはこれで最後となります。
まさにこの一年間の総決算!
今回の活動は、士幌町佐倉地区の方々が千葉県の佐倉市に訪れ、佐倉市立佐倉小学校を会場に、交流する「佐倉交流」の一環として、実施いたします。

活動の内容としては、10月と12月に両地域で制作した二つの巨大なさいころ「はなサイコロ」(7m×7m×7m)を膨らませ、参加者のみなさんと一斉に転がす体験会を行います。
いったいどんな状況になるのか、予想もつきません!!!

以下、開催要項となりますので、ご確認の上、ご参加・ご見学いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。


◆「むこうのさくら最終回〜佐倉交流」開催要項

【開催日】
2009年1月15日(木)

【時 間】
(1)11:30〜12:15 (2)13:00〜15:00
*「はなサイコロ」のお披露目は当日二部構成で実施します。
 ご都合のいい時間帯にお越し下さい。

【会 場】
佐倉市立佐倉小学校
住所:〒285-0023 千葉県佐倉市新町78番地4
*「はなサイコロ」のお披露目及び体験は、校庭を予定していますが、
 雨天の場合は帯域館を使用します。

【主催】
佐倉市立美術館

【共催】
北海道文化財団

【協賛】
山高化成商業株式会社/フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社

【後援】
士幌町教育委員会 

【企画】
磯崎道佳

【運営・コーディネート・お問合せ】
AISプランニング 担当:漆(うるし)
北海道石狩市花川北2条6丁目209番地
TEL:0133-75-6505
FAX:0133-75-8845
Mobile:090-4313-8466
E-mail:info@ais-p.jp

2008.12.19 Friday

はなサイコロお披露目会!!

むこうのさくら士幌町佐倉地区活動第二弾十二日目。

本日をもって今回の活動も最終日を迎えました。
今日は、昨日完成したはなサイコロのお披露目と、夏に屋外で展示する事のできなかった星空交換プロジェクト作品のお披露目を行う日。
これまでの制作と交流の成果が試される日です。

さて、午後に控えているお披露目会に向けて、午前中は、準備時間。
はなサイコロは、完成しているので、もう一つの怪しい作品の仕上げにとりかかる一同。
なにやら等身大の人形が出来上がっていきます。
ん?この感じは、あの人か?
この作品のお披露目は夜の部に、との事。まぁ楽しみというか、何というか・・・。なんですかこれ?



今回最後の給食は、おなじみ元気いっぱいの1・2年生のクラスでいただきました。
最後まで、おしゃべり優先の子のクラス。
話の内容はさておき、とにかく明るく楽しい雰囲気を忘れない素敵なクラスです。
磯崎さんも元気をもらって午後のお披露目会がんばりましょう!
あ、あれ?エネルギー吸い取られました?



給食が終わりお昼休み。
いよいよ「はなサイコロ」のお披露目会が始まりました。
体育館に集まったのは、子どもたち、先生、そして保護者や地域のみなさん。
まずは磯崎さんから、「はなサイコロ」の遊び方を教えてもらいます。



「それじゃ〜、外に出て転がそ〜!」
磯崎さんの合図で、一斉に外に出ます。
まだ空気のはいていない、丸められた「はなサイコロ」をみんなで持って会場となるパークゴルフ場へ。
みんなの期待が笑顔をになって現れます。ニッコニコ!



パークゴルフ場に着くと、早速「はなサイコロ」を広げて、空気を注入!
磯崎さんのカウントで、2台の送風機から一気に空気が送り込まれます。
そして、徐々に、膨らんできましたよ〜。
さぁ、サイコロの中に入って、風邪に飛ばされないよう押さえましょう!



約15分後、パンパンに膨らんだ「はなサイコロ」。
くどいようですが、一辺が7m。
本当に巨大です。



中に入ると、すっきりと晴れた青空に、みんなが描き貼付けたお花や植物のシルエットが宙に浮かんでいるように見えます。
絶景です!
「うわ〜、すご〜い!」
「あ、私の描いた絵だ〜!」
みんな、上を見上げて、うっとり。



「それではみんなで転がしてみま〜す!」
いよいよサイコロを転がす時が来ました。
一歩ずつ慎重に・・・ビニールを破かないように・・・足並みを揃えて・・・



おおお〜〜〜。
転がった!転がった!
雪の地面と、カラッと晴れた青空に挟まれて、きらきらと光りながら転がるはなサイコロ。
普段ではあり得ない光景がここにあります。



サイコロの中は、興奮した参加者の雄叫びでいっぱい!
「どんどんいけ〜!」
磯崎さんの合図で、更にボルテージが上がった一同。
と、その時です。
「危ない!危ない!うわ〜!」
進行方向と反対側で、大人の男性が宙に舞っています。
あ、先生!!!
そして、ビリビリビリ〜〜〜〜〜。
はなサイコロが崩壊しました!!!!!
予想外(いや想定内?)のハプニングに、一同大爆笑!!!
わずか10分ほどで、はなサイコロはぺしゃんこに・・・。
これにて外でのお披露目は終了となりました。
呆気なかったですが、おかしなパフォーマンスをみんなで演じたような楽しいお披露目会となりました。



さて、再び体育館に戻り、今度は、活動の当初に見せた千葉県佐倉市で制作した「はなサイコロ」をお披露目。
来場いただいたすべての方を中に入れて鑑賞してもらいました。
みなさん、思い思いにご覧いただき、中にはくつろぎ始めてしまった人たちも。




じっくり鑑賞した後は、やっぱり転がしてみたい!
屋内で、少々手狭ですが、先ほどの教訓を生かして再チャレンジ。
お、体育館の中でも以外といけるもんですね〜。
これは、1月千葉県でのお披露目も楽しみです。



最後に、はなサイコロの中で記念撮影。
このシチュエーションもなかなかオツですね。



こうして、昼の部「はなサイコロ」のお披露目会は終了。
残すは、夜の部「星空交換プロジェクト」作品お披露目会です。
さっそく、準備を開始するスタッフ一同。

一方磯崎さんは、怪しい作品の最終仕上げ。
人形にナイフをグサリ!ザクザク!ぎゃ〜!
中から、人形の新聞紙の固まりを取り出しました。
いったいなんなの!!




さてそうこうしているうちに辺りも暗くなり、夜の部「星空交換プロジェクト」の作品お披露目会がスタート。お昼同様、たくさんの地域の方々が来て下さいました!
作品は、学校の駐車場に、設置されたミラーボールと、アニメーション上映ドーム。
満点の星空のもと、地面には、キラキラと輝くオリジナルの星空が舞っています。
そして、ドームに投影されたアニメーションは、夏に屋内で見たとき以上に映えて見えます。
これですよこれ、磯崎さんが描いていたイメージは!




お披露目会の最後は、今回陰で制作していた例のあやしいい作品のお披露目。
ホールに集まってくれた参加者のみなさんにスペシャルゲストという事でご紹介。
「さぁ、みんなで名前を呼んでみよう!せ〜の、タマちゃ〜ん!!」
職員室から出て来た、タマちゃんは、なんと教頭先生の着ぐるみを着た教頭先生でした。
そうか、これを作っていたんですね。
子どもたちは絶句!!
「みんなでやっつけろ〜!」
磯崎さんの合図で一斉に、タマちゃんへ飛びかかる子どもたち。
スペシャルゲストのはずのタマちゃんは、一瞬にして退治されてしまいましたとさ。





こうして、今回の活動は無事終了。
今回の二週間お活動は、「むこうのさくら」がスタートしてから、一番長期で地域に滞在し、実施した活動であっただけに、とても密度の濃い、充実した活動ができました。
寒さとの格闘や、ハプニングもあり、この活動に関わったすべてもみなさんにとって思い出深い二種間となったのではないでしょうか。
士幌町佐倉地区のみなさん、そして士幌町立佐倉小学校のみなさん、ご参加、ご協力、そして差し入れ等々、本当にありがとうございました。
また、千葉県佐倉市で行う1月15日の「佐倉交流」でお会いしましょう!
次回の活動もぜひお楽しみに!!



2008.12.18 Thursday

はなサイコロ完成!!

むこうのさくら士幌町佐倉地区活動第二弾十一日目。

今回の活動も、いよいよ残すところ後二日。
はなサイコロの制作は、最後の追い込みです。

制作場となっているホールでは、朝から磯崎さんと子どもたち、先生方が、黙々と制作。
昨日からスタッフとして来てくれた教育大生の南くんも一緒です。
これまで、気の向くままに制作してきましたから、特に子どもたちは、自由にのびのびと活動に参加してくれました。




午後は、制作場所を体育館に移し、ラストスパート。
着々と出来上がっていくはなサイコロの面の上で、時間を惜しむように下校時間ギリギリまで制作。
最終的に子どもたちや先生、地域の方々との楽しい交流を物語るように、とても賑やかで個性的な作品に出来上りありました。





子どもたちが下校した後は、出来上がった面を組み合わせて最後の仕上げをしました。
この組み立て作業は、普通にサイコロを作るように簡単にはいきません。
なんせ7mもありますから。



でも、そこはさすがにプロ。磯崎さんの的確な指示のもと、約1時間ほどで組み立て終了。
ついに、はなサイコロが完成しました!
空気を入れて膨らませるといったいどのような空間が広がるのでしょうか。
明日のお披露目が、待ち遠しい!!



ということで、明日はいよいよ士幌町での第二回目の活動最終日。
いったいどのような展開になるのか、乞うご期待!!

*おまけ
 はなサイコロの制作と平行して別な作品づくりを遂行する磯崎さん。
 これはいったい何!?



続きを読む >>
2008.12.17 Wednesday

最終日イベントのお知らせ&本日の活動

むこうのさくら士幌町佐倉地区活動第二弾十日目。

いよいよ今回の活動も残すところ後三日。
今日はまず、最終日のイベントのお知らせから。
来る12月19日金曜日、お昼に現在制作中の巨大なサイコロ「はなサイコロ(7m×7m×7m」のお披露目と、実際に膨らませて中に入って転がします!
そして同日の夜は、夏に制作した「星空交換プロジェクト」のお披露目を行います。
以下詳細となっておりますので、お近くの方、ご見学、ご参加ご希望の方は、気軽にお越し下さい!

<はなサイコロお披露目会>
日時:12月19日(金)
   13:00〜15:30
会場:士幌町立佐倉小学校敷地内パークゴルフ場

<星空交換プロジェクトお披露目会>
日時:12月19日(金)
   19:30〜20:30
会場:士幌町立佐倉小学校駐車場

どうぞよろしくお願いします!!

さて、ここからは本日の活動報告。

今回の活動も、いよいよ終盤に差し掛かり、磯崎さんはじめスタッフは、朝から晩まで制作に没頭しております。
子どもたちや先生も、休み時間や授業の合間を見て、積極的に制作に参加してくれています。
おかげさまで、とても順調なペースで作品が仕上がっています。




そして、日々サイコロに描かれていくものも個性的なものが増えてきました。
活動の当初は、一般的なモチーフに捕われつつありましたが、今やどこ吹く風。
みなさん思い思い好きなものを描いています。
中には正直正体不明なものもチラホラ・・・。
でも、それはそれで面白いんですよね。




はなサイコロの制作の最中、磯崎さんは一人別行動を開始。
何やら別な作品づくりを考えている様子。
コッソリ教頭先生を呼び出して、体のサイズを隅々まで図っています。
残り後三日で、いったい何を企んでいるんだ!!



そんな怪しい行動をとりながらも、はなサイコロの作業は続行。
今日の午後は、仕事を終えたお父さんたちも見学に来たり、制作に参加してくれました。
こうした滞在型のプロジェクトでは、イベント的なワークショップには無い、自然な出会いと交流がうまれる良さがあります。
今回の活動も残りあとわずかですが、一人でも多くの地域の方々と「はなサイコロ」を通じて交流できることを期待しています。





後は最終日天候が荒れないことだけを祈るのみです!!!

*おまけ
 地域のミニバレーに参加。磯崎さんは体調不良により欠場しましたが、スタッフは、思いっきり体を動かし、気分もリフレッシュ!こうした地域の方々との交流も楽しみのひとつ。存分にエンジョイさせていただきました!ありがとうございました。というか、足引っ張ってすいませんでした・・・・・。


2008.12.16 Tuesday

ゴーゴーはなサイコロ

むこうのさくら士幌町佐倉地区活動第二弾九日目。

毎日毎日、寒さと乾燥との戦い。
磯崎さんは、若干体調を崩してしまいました。
この時期の体調管理は、本当に難しい。

さて、そんな時こそみんなでがんばろう!
ということで、本日も昨日同様、制作モード全開です。
朝から、校長先生、教頭先生を中心に、サイコロの面を絵で埋め尽くしていきます。




子どもたちも、負けず劣らず自由な発想で、どんどん絵を増やしていきます。
そこにはもう、テーマとしてあった「花」や「植物」という縛りは無く、好きなものが描かれています。まさに無法地帯。
え〜と、これは?え?巨人の手!?巨大です。



今日の給食は、一年生のクラスでいただきました。
相変わらず、おしゃべり優先。
給食の最中、お昼の放送でインタビューを受ける磯崎さん。
佐倉小学校の印象や、はなサイコロのアイディアについていろいろ質問を受けていました。
みんなと一緒に楽しいことができたら・・・。
磯崎さんのそんな純粋な気持ちが、届いたでしょうか?




さて、午後も制作の勢いは止まりません。
今回のはなサイコロは、7mの巨大なものなので、絵はいっぱいあるに越したことはありません。ただし、面を無理矢理埋め尽くすことが目的ではないから、みなさん焦らず好きなものを描いてくださいね。




とはいえ、創作のエネルギーは、素晴らしい!!
はなサイコロの面には、子どもと大人の作品のぶつかり合いが繰り広げられ、会場は熱気がムンムンです。



こうして本日の活動は終了。
磯崎さん、体調不良を訴えながらも参加してくれるみなさんと今日も精力的に作品づくりに没頭しました。
みなさんもくれぐれもお体に気をつけて、明日も元気な姿でお会いしましょう。

*おまけ
 お恵み特集〜佐倉地区の皆様ありがとうございます!!〜
 
1)いろんな農家さんの野菜アラカルト
  中でも金糸瓜(そうめんうり)やいも団子は、なかなかの一品です!



2)おふくろの味、お煮染め
  お母さんの優しさが詰まったジューシーな煮物です!



3)牛乳豆腐
  酪農家のご主人お手製自慢の一品、一度食べたらやみつきです!



みなさん、本当にありがとうございます!
これからもがんばります!!!


2008.12.15 Monday

イケイケはなサイコロ

むこうのさくら士幌町佐倉地区活動第二弾八日目。

お休みから一夜明け第二週目が本格的にスタート。
朝学校に行くと、グランドに変化が!
いよいよ冬の十勝の風物詩「小学校のグラウンドのスケートリンク」づくりが始まったようです。いつの間に・・・・・。
私達が滞在している間には、期間的に完成を見ることができないのが残念。
出来上がるスケートリンクは、本当に美しいんですよ!



さて、活動の方はといいますと、今日はみんなノリノリです!
授業が早く終わった子どもたちが、続々と制作場所のホールにやって来て、黙々とビニールを切り貼り。
こちらから、特別働きかけをしなくても、自分の描きたい物が既にあるようで、個々それぞれに、ガンガン制作していきます。





そして今日は、保護者の方々が多数お見えになって活動に参加してくれました。
この地域の保護者の方々は、みんな明るくて先日の忘年会の延長のような盛り上がりで、会場の雰囲気も華やかになります。
作るものも独創的というか、ルール無用というか、とにかく子どもたちに負けない面白い絵をたくさん作ってくださいました。
お仕事の合間にまた来てくださいね!




今日の給食は、6年生のクラスでいただきました。
昨日からやって来たスタッフとしてやってきた福村は、初めてのご対面でやや緊張気味。
子どもたちも、入れ替わり立ち替わりやってくる大人に若干戸惑い気味。
毎日が刺激的です。



午後も制作モード全開。
ここで、少しだけ作品紹介。
まずは、子どもたち憧れのツリーハウス!
夢が詰まっています。



お次ぎは、巨大キノコ。
リボンがついているので女の子?メスかな?



最後にご紹介は、雪だるま。
とても北海道的。
今年は雪が少なそうだから、せめてはなサイコロの中で楽しもう!



さて、こうして午前中に作っていた面が、みんなの絵で埋め尽くされたので、新しい面を制作。
まずは、今作っていた面をたたんで・・・。



ロール状になっている透明のビニールを伸ばして、切って、張り合わせて7m四方の面をつくります。
この作業、子どもたちは、大はしゃぎ。
でも、この面が歪んでしまうと後々大変なことになるので、磯崎さんは真剣です。



新しい面ができたところで本日の活動は終了。
ペースとしてはかなり順調です。
明日も、いろんな方々に参加していただきたい!
いつでもお待ちしておりますよ!!
2008.12.14 Sunday

スコーン・絶景・ジンギスカン

むこうのさくら士幌町佐倉地区活動第二弾七日目。

新たな週の始まり。身も凍るような寒い朝。
う〜ん十勝は、どうやら冬本番を迎えたようですね。

さて、今日は日曜日ということで、勿論学校はお休み。
午前中は、小学校でのんびりと活動です。
そんな折り、磯崎さんが、滞在先の住宅に戻るとあるものを発見!
なんと、とってもおいしそうなスコーンとクッキーが玄関先におかれていました。
心優しいお方が、私達のひもじさを哀れんでお恵みをくださったのでしょうか?
実は、これ佐倉小学校の6年生の女の子が焼いてくれたもの。
先週磯崎さんが約束をしたとか?催促をしたとか?いろいろな噂がありますが、とにかくつくって持って来てくれたのは確か。ありがとうございます!!!
しかし、こう毎日お恵み(差し入れ)ばかりいただくと活動の方もがんばらずに入られませんね!よし!今日もがんばるか!



午後は、石狩からやってくるAISプランニングスタッフの福村を帯広駅へ迎えに出発。
日が傾き始めた午後の十勝平野は何とも美しい・・・。
まっすぐな道路の辺り一面に広がる畑には、先日降った雪がうっすらと積もり、夕日で輝いています。最高に北海道らしいロケーション。
いかがでしょうか?





福村を帯広駅で広い、3人になった私達は、
「それじゃ景気付けにジンギスカンでも食べよう!」
ということで、磯崎さんが6年前から思いを馳せていた「有楽町」へ。
この「有楽町」は、勿論街の名前ではありません、列記としたジンギスカン屋さんですよ。



ここのジンギスカンが、美味い!
そして、みそダレのついたホルモン焼きにうどんを混ぜて食べるのがまた最高!
更にお値段も良心的!
文句のつけどころがありません。
3人で5人前のジンギスカンと4人前のモツ焼&うどんを完食!
ごちそうさまでした!



本日は、地元の方々の優しさ、最高の景色、そしておいしい食べ物に満たされ、気分もリフレッシュう!明日以降の活動に弾みを付けるとても素敵な一日でした。
明日も良いことあるといいな〜。
あれ?今日ってまともに活動したかな?
まぁ、明日からまたがんばりましょう!!

2008.12.13 Saturday

アップルパイ&忘年会

むこうのさくら士幌町佐倉地区活動第二弾六日目。

士幌町佐倉地区は、凍えるような寒さが続いております。
これでも、例年に比べて暖かいというのですから、驚き。
士幌の冬は厳しい!

さて、本日は土曜日ということで、学校は休業日。
朝、滞在先でのんびりしていると・・・ドンドンドン!ピンポーン!ピンポーン!と、誰かがチャイムを鳴らすけたたましい音が響きました。
慌てて土玄関のドアを開けると、小学校の子どもたちとお母さんがたっていました。
「おはようございます!はなサイコロ作りに来ましたよ!」
そして、
「これ作って来たんでよかったどうぞ!」
と、渡されたのが、なんと手作りのアップルパイ。
なんておいしそうなんでしょう!(画像がなくてすいません)
磯崎さんは、勿論大喜び!
今週は、地元でとれた野菜やお漬け物、手作りのパンなど、たくさんいただきました。本当にありがとうございます。ものすごく助かってます。

と、喜びに浸りながら、こうしちゃいられないということで、急いで学校へ。
お休みにも関わらず、数名の子どもたちが、活動に参加してくれました。
みんなここ数日の制作で、手つきも慣れたもの。
自分のペースで、作ったり、お喋りしたり、楽器を弾いたり、そしてまた作ったり。まぁこうしてマイペースに活動ができるのも、学校の柔軟な受け入れと、滞在型プログラムのなせる技。




今回のはなサイコロで描く絵は、一応前提として、花や植物をテーマにしております。ですから、出来上がる絵は、やはり千葉の佐倉市で制作したものと違い、どことなく北海道的というか、十勝的なものもあり、非常に興味深いのです。
これは、じゃがいもでしょうか・・・



これも北海道名物の・・・ん?これは・・・新種の植物?え?蛸?なぜ?



こうして休日にも関わらず、子どもたちといつものように活動することができました。
みんな明日も待ってるよ〜。

日中の作業を終え、今日の夜は、PTAのみなさんと先生たちの忘年会にお呼ばれされました。
士幌町の中心市街地に繰り出し、居酒屋さんへ。
子どもたちや先生たち同様、保護者のみなさんもとにかくおおらかで明るい方ばかり。子どもたちのことや、佐倉交流のことなど、普段聴けないようなおはなしがたくさんできて、ついついお酒も進んでしまいました。(ちなみに磯崎さんは、ノンアルコールでした。)夏からお世話になっていて、ゆっくりお話することができずにいたので、とても貴重な交流の時間を提供していただきました。ありがとうございました。



こうして、朝から晩まで士幌町佐倉地区のいろいろな方々と交流でき、とても充実した一日でした。残り後一週間お世話になります!

2008.12.12 Friday

新たな「はなサイコロ」制作スタート

むこうのさくら士幌町佐倉地区活動第二弾五日目。

徐々に十勝らしい寒さが身にしみてきました・・・。
これからどんどん寒くなって、学校のグラウンドには、スケートリンクができるのです。
千葉の佐倉市では考えられない気候でしょうね〜。

さて、そんな寒さにも負けず、元気な子どもたち。
授業が早く終わったからということで、一人、また一人と制作に参加。
今日から、士幌町佐倉地区バージョンの新たなはなサイコロの制作に、みんな意欲的です。



休み時間になり、子どもたちと一緒に、サイコロのベースズくり。
透明のビニールロールを伸ばして、サイコロの面を割り出していきます。
こうした地味な作業にも積極的に子どもたちを参加させる磯崎さん。
「じゃーテープを貼るから、しっかり擦り付けてね。」
「わかった!!」
子どもたちは、昨日まで、千葉県佐倉市で制作した巨大な「はなサイコロ」を見ているばっかりに、一から出来上がっていく段階に興味津々です。



そして、お昼休み。
今日は、3・4年生と給食。
女の子ばかりのこのクラスは、先生も女性ということもあってとても華やか。
クラスの雰囲気がとても明るい!
もうすっかり佐倉小に慣れてしまった磯崎さんと子どもたちは、ずっと前から友達だったかのように楽しくおしゃべり。
給食時間は、あっという間に終わってしまいました。



さて、お昼休み以降は、マイペースに制作。
新しく作ったサイコロの面は、じわじわと子どもたちや先生が作った植物の絵で埋まっていきます。
磯崎さんも、子どもたちのモチベーションを見極めながら、遊んだり、お話ししたり、作ったりと自然に身を任せながら活動。
まあまあ、じっくりいきましょう!




子どもたちが下校した後は、明日以降の活動に備えてデスクワーク。
今回、「はなサイコロ」以外にもやりたい実験があると豪語していた磯崎さん。
未だその片鱗は見えませんが、何かを企んでいる様子。
いったい何を考えているのでしょう。



さて、明日から週末に入り、本格的な活動はまた週明けの月曜日からとなります。
本日より制作が始まった士幌町佐倉地区バージョンの「はなサイコロ」いったいどのような作品となるでしょうか。
寒さが本格化しておりますので、まずはみなさん風邪などひかぬようお体にはくれぐれもお気をつけ下さい!!(ただいま氷点下9度)


2008.12.11 Thursday

サイコロアトリエ

むこうのさくら士幌町佐倉地区活動第二弾四日目。

昨日から、「はなサイコロ」の制作を本格始動した磯崎さん。
きょうも気合い十分です。

朝から千葉県佐倉市で制作した「はなサイコロ」の中で、カラービニールと格闘。
そして、休み時間になると、一人また一人と「はなサイコロ」の中に、子どもたちがやってきます。
「何してるの?私も作りたい!」
と、早速磯崎さんにアプローチしてくる子どもたち。
「みんなで植物を象って、サイコロに貼付けるんだよ。」
と、カラービニールを手渡します。
その後は、まさに工房状態。





中くらいまで膨らんだ、ドーム状のはなサイコロの中で、20人近い人間たちが、黙々と絵を描いたりビニールを切り貼りしている状態は、端から見るとやや奇妙な光景かも知れません。
子どもたちは、
「どんなものでもいいの?」
と、何度も確認しながら、徐々にオリジナリティー溢れる植物を描いていきます。



4時間目は、1・2年生が図工の時間を利用して、制作に参加してくれました。
中休みの続きということもあり、慣れた手つきでカラフルな植物を象っていきます。
担任の先生も一緒になって、子どもたちとの雑談を交えながら楽しく制作。
千葉県佐倉市バージョンのはなサイコロは、徐々に仕上がっていきました。



さて、待ちに待ったお昼の時間。
今日の給食は、1・2年生。
とにかくみんな明るい!
担任の先生のキャラクターも後押しして、テンション上がりまくり。
おいおい、おしゃべりばっかりで給食食べる時間なくなるぞ〜。



給食の後、お昼休みから放課後にかけても、ガンガン制作。
なんだか植物以外のものも増えて来ていますが、そこはご愛嬌。
密閉された空間の中で、集団で制作にはげむ。その中で交わされる会話や、やり取りは、なんだかいつもの造形活動と少し違う印象を受けます。



本来は、サイコロ状に仕上げる前に、絵の切り貼りは終えるのが磯崎さんのワークショップでは通例なのですが、今回は出来上がったサイコロの中での作業。
ここ数年、磯崎さんと一緒にいくつかのワークショップを経験させてもらっている私にとっても新鮮な状況。なんだかこの状態は、とても面白い!



こうして、千葉県佐倉市バージョンの「はなサイコロ」は、士幌町佐倉地区の子どもたちと先生のてによって仕上がりました。
さて明日からは、士幌町佐倉地区で新しい「はなサイコロ」づくりに挑戦します。士幌町佐倉地区バージョンです。
いったいどんな作品に仕上がっていくのか。
ご期待ください!
Powered by
30days Album