ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『マルダ宮でまるだき湯』@札幌市立緑小学校/おとどけアート2011 | main | 長谷川仁×アート体感教室@真狩村活動報告その2 >>
2012.01.24 Tuesday

長谷川仁×アート体感教室@真狩村活動報告

新年痔一弾のワークショップ、北海道真狩村で開催したアート体感教室の活動についてご報告。

今回のアーティストは、美術家であり、デザイナーの長谷川仁さん。
昨年度、札幌市立清田小学校の『たんぽぽタワー』を実施していただいたことも記憶に新しいかと。

おとどけアート2011『たんぽぽタワー』ブログ

長谷川さんは、今回、真狩村を含むこの地域一帯ののシンボルである「羊蹄山」をテーマに、1月12日・13日の2日間に渡って、真狩村の子どもたちと活動を展開してくれました。

会場となったのは、真狩村公民館。
冬休み期間中ということもあり、児童館に通う子どもたちを中心した20名の子どもたちが集結。

はじめに長谷川さんから活動についての解説があります。
この段階では、まだ子どもたちは最後にどのようなものができあがるのか想像できない状態。




長谷川さんから提示された活動は2つ。
一つ目は、雪で羊蹄山を作ること。
二つ目は、羊蹄山に住んでいるかもしれない生き物を描くこと。
です。

真狩村は羊蹄山の麓で、比較的標高も高く、勿論羊蹄山がくっきりはっきり見える、誰もが知っている訳です。
「羊蹄山ってどんな形?」
長谷川さんに聞かれた子どもたち。
「こんな感じだよね〜。」



子どもに描いてもらった羊蹄山を確認し、
「では、こんなかたちの雪山をみんなでつくるぞ〜!」
と、いうことで、早速着替えて外へ出かけます。

子どもたちは、愛用のソリやスコップを持参してきていました。
雪のことなら、長谷川さんより知ってるよ!っと言わんばかりに、目的地へまっしぐら。




さっそく雪山づくりだ〜!
まずは、スコップやダンプで雪を集めて、ソリにのせます。




あらかじめ用意していた土台となる雪山にどんどん雪を運び、積んでいきます。
これが一苦労。雪山が高くなるに連れて、積み上げるのが大変。




積み終わったあとは、ソリで滑っております。
雪運びの苦労が報われる瞬間。
やや急な斜面を、スイーッと滑って気分爽快です。




基本的にひたすらこの繰り返し。





ソリで雪を運ばないと雪山は大きくならないし、ソリ滑りをしたかったら、ソリに雪を積んでいかなくては習いないという、実務と遊びを兼ね備えた実に合理的な活動です。
そうこうしているうちに雪山は、見る見るうちに大きくなっていきました。


途中、ココア休憩を挟んで、また雪山づくり再開。
子どもたちは雪の中でも本当に元気です!



さてさて、果たして二日間で理想的な羊蹄山はできるのか・・・。

次回は、羊蹄山に住む生き物についての活動を報告!
お楽しみに!

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album